マウスガードの種類 


使用目的の違いで分類してみましょう

作り方の違いで分類してみましょう

スポーツマウスガードをスポーツにより分類してみましょう










    
SANDAスポーツマウスガード研究所
本文へジャンプ
使用目的による違い

 @ スポーツマウスガード
    
スポーツ時に装着し、外傷や大きな外力から、歯やあご、頭などに対する
    ダメージから守る 


 A 歯周組織を守るマウスガード
    
喰いしばりを行う状態が多い時装着します。
    例 力仕事(重い荷物の運搬など)
      集注時の習慣的喰いしばり(コンピュータをしながら喰いしばっているなど


 B ナイトガード
    
就寝時の喰いしばりが予想されるとき装着します。
      歯周組織が弱っている時、保護のため
      歯ぎしり(音あり・音なしを含め)防止のため
      歯の被せなどが破損しないため

 C 
睡眠時無呼吸症候群の口腔内装置
    睡眠時に舌の根本部がのどのほうに降りて、気道をふさぐことにより、呼吸が止まってしまう状態を、
    睡眠時無呼吸症候群といいます。
    起きている間も、眠気がする。
    あるいは少し安静な状態になると、すぐ寝てしまう。
    などの状態のときは、要注意です。
    車の運転時などは危険時間です。
    このような、睡眠時に呼吸が短時間止まってしまっている人は意外に多いです。
    症状が軽度から中等度の場合、口腔内装置を装着して眠ると効果があるとされている。
    (医科からの治療依頼が必要です)
    重等度の場合は、医科での治療管理(c−パップ等)の治療が必要です。

C 軟組織保護シーネ
   全身的な状態より、歯科治療が受にくく、虫歯などで歯に鋭縁がる場合、歯肉や頬に潰瘍や口内炎を
   作る場合があります。慢性化し炎症がひどくなったり、摂食障害を起こす場合があります。このような時、
   スポーツマウスガードのような装置を装着することにより、軟組織を保護することができます。
    


作り方の違いでの分類

@ 歯科医院で作る / 自分で作る
   ご自分で作る場合は、素材をお湯で温めて口の中にはめ、噛んで形造るものや、柔らかな二つの素材を
    混ぜて、型に流し込み、お口の中に入れ硬くなるのを待って作るものなどがあります。
   いずれも既成の型を用いるためフィット感が得られにくいでしょう。
   また噛んで作るため、うまく噛めなかったりした場合、噛み合わせが変なものができてしまいます。
   利点としては安価であること、自宅でできるということでしょう。
   歯科医院で作る場合は、お口の中の型を取り、その型から模型を作って、模型上で作製します。
   ですからお口にピッタリはまるものが出来上がります。
   運動中に外れてしまったり、会話ができないということはありません。
   また異物感も大変少なくて済みます。

A 素材シートの重ねる枚数
   シングル構造・・・・必要とする厚みのシートを使用します。
              製作が簡便なため、作製するための時間が短くて済む
              安価である。
   ダブル構造・・・・部分的に厚みを変えることができる。
             製作に時間がかかる。
             シングル構造に比べ高価になる。
             好みのデザインが可能になる。



スポーツマウスガードをスポーツの種類で分類 

@ ボクシングなど格闘技用
 打撃が前方・側方からくる事から、マウスガードの前方および側方面の厚みを厚くする必要がある
 頭部への打撃、また顎の下方よりの打撃もあるので、噛む面の厚みも必要である。
 試合中マウスピースが外れ、落してしまうと、ルール上減点となる可能性があるので、簡単に脱離しないようにしなければならない。それに反してラウンドのインターバルでマウスピースを外すことが多いが、選手はグローブをはめており自らでは外せないため、セコンドがはずすこととなる。フィット感があまりに高いと、慣れないセコンドは外せないことになってしまう。そのような点を考慮して作成する必要がある。
空手などでフェイスガードやメンホーなどを着けて競技する場合、表面の厚みはそれほど無くてもよいが、噛む面の厚みは必要であろう。しかしフェイスガードなどは試合時しか着けないこともあり、練習時など不意の打撃に備え、表面の厚みを持った物も持っていたほうがよいと思われる。つまり違和感の少ない試合用(ガード装着が必須)と練習用の二種類を使い分けるのもよいということである。

A ラグビー
 高校生ラグビーの試合時マウスガード装着が必須となったようであるが、非常に良いことと思われる。試合時だけでなく練習時も装着するよう心掛けていただきたい。
 ラグビーは競技中、ひじやひざなどが直接顔面に強く当たることも多いので、表面に十分な厚みが必要である。また転倒が多いこと、競技中のくいしばりの強さからも噛む面の厚さも十分に必要であろう。
ただ競技中の会話が必要なことから、口蓋面の形態に考慮する必要がある。

B アメリカンフットボール
 プロテクターをしていることから、表面の厚みはそれほど必要はないが、噛む面の厚みは必要であろう。会話が必要なポジションの場合、口蓋面の形態に考慮が必要であろう。

C サッカー・バスケットボール
 それぞれの競技に特徴があろうが、共通に注意すべき点は、頻繁に会話をしなければならない点であろう。大きな声で声を出したときに、マウスピースが脱離するようであれば、使い物にはならない。外力がかかるのは、他の選手とぶつかったり、手が当たったり、ボールが当たったりと、予測はできるが、常時ではないことから、素材の厚みについては均一な厚みで対応できると考えられる。

D 野球・ソフトボール
 これらの競技で起こりうるのは、ボールが顔面に当たることと、クロスプレーの時がほとんどであろう。
 このことから、ボールが顔面に当たる可能性の高い内野手の場合のみ、前面を厚くし、バッティング時に使用する場合は均一の厚みのものでよいと考えられる。

ここに解説記事を書きます。

【例】
■カメラの基本
カメラを手にした人なら誰でも経験してしまう、ピンぼけ写真。そもそも、ピントが合うってどんなことなのかを説明します。
イメージ

このホームページは、SANDAスポーツマウスガード研究所によって作成されております。記載の文・写真等は無断でコピーしないでください。
リンクはフリーです。御利用下さい。